子猫を失った母猫が身寄りのない4匹の子犬に授乳し我が子のように育てる


お母さん猫のキャサリンは、4匹の子犬を我が子のように育てる動画で話題になっています。

彼女は南アフリカのランゲバーンにある動物保護施設「ランゲバーンアニマルケア」で、身寄りのない動物たちの母親役として大活躍しています。

犬でも猫でも育ててしまう肝っ玉母さんぶりが頼もしいキャサリン。
子育て中の猫って、みんなこんなに愛情深いのでしょうか?

ランゲバーンアニマルケア主宰でキャサリンの家族イゼル・マラリッチさんによると、キャサリンは、やはり「特別」な猫なのだそうです。

A Cat Who Lost Her Kittens Adopts Orphaned Puppies As If They Are Hers

ここまで献身的で愛情深いお母さん、見たことないわ!

(画像はYouTube:Slideshow Of Animalsより)

南アフリカから「いい話」を発信するニュースサイトGood Things Guyに、キャサリンの過去が紹介されています。

南アフリカ西ケープのフェルドドリフに住むダネル・モルケルさんのお宅では、一匹の猫を貰い受ける予定を楽しみにしていました。

猫は子猫を亡くした母猫でした。全く痛ましいことに、彼女の愛する子猫たちは犬に襲われて生き延びることができなかったのだとか。

ダネルさんはインターネット上に受け入れ予定の猫の動画を投稿し、お父さんがその子をわが家に連れて帰ってくるのを心待ちにしていました。

その頃、同じくフェルドドリフにあるアニマルケアセンターに、子犬の兄弟が持ち込まれます。

子犬たちを受け取った現場職員は気づかなかったのですが、このとても幼い子犬たちは生後3週間であることが判明します。

まだ乳離れもできない時期の子犬たち。すぐに、子犬たちにミルクをあげてくれる援助者が必要でした。


We have a very special story to share with everyone. Meet Katryn and her puppies. Katryn was brought to Langebaan Animal care 3 weeks ago as being abandoned and unfortunately her kittens didn’t survive. She was still lactating so we took her in and kept her safe till we could have her sterilized. Then came along four 3 week old puppies that was handed over to us as unwanted. Katryn claimed the puppies as her own and has been nursing them since then and protects them and cleans them as her own. It has been so special to see this in real life and to realize how amazing animals are to take care of the young no matter what species they are. We could learn so much from animals! These puppies are now up for adoption as they are now 6 weeks old. They are border collie x pups. Please contact Izelle on 0837900653 if you are interested to adopt one.

Langebaan Animal Careさんの投稿 2019年9月24日火曜日

ここで、同じ子犬の話題に関するランゲバーンアニマルケアのFacebookページの投稿を引用します。

「キャサリンがこちらへきて3週間になるころのことです。キャサリンには飼い主がいません。不幸なことに彼女の子猫たちは生き延びることができませんでした。彼女はまだお乳が出る状態なので、直ちに消毒処置はできません。

(里親に引き渡すための消毒)処置が可能な状態になるまではこちらで安全に保護することになっていました。そこへ、4匹の生後3週間の子犬を迎えました。キャサリンは子犬たちの世話を買って出て、我が子のように彼らに授乳し、保護し、体をきれいにしてやりました。」

この子犬たちは、そう、フェルドドリフのアニマルケアセンターからランゲバーンアニマルケアへ移されたことがわかります。
これが、動画の中で抱き合っている母猫キャサリンと子犬たちの出会いです。

さて、先に紹介したダネル・モルケルさんのエピソードの続きに戻りましょう。

Good Things Guyによると、猫の受け入れ、つまりキャサリンを迎えることを楽しみにしていたダネルさんでしたが、この時、インターネット上でこんな投稿をしました。

「お父さんが猫を引き取るつもりなんだけど…。その子の子供たちはみんな犬に殺されてしまったんだって。先週、その子は消毒を済ませて、今日はうちのお父さんが迎えに行く予定だったの。でもまだ消毒が終わってないって言われたみたい。」

ダネルさんの家族には、キャサリンと子犬たちを保護しているランゲバーンアニマルケアからこんなメッセージが届いていたのです。

「(前略)飼い主がフェルドドリフのケアセンターに子犬たちを引き渡した時、彼らが生後たった3週間の子犬で、まだ母親から離れるには早すぎることに職員は気がつきませんでした。(中略)先週、子犬たちをランゲバーンアニマルケアで引き取りました。ミルクはこの猫があげています。今、子犬たちは生後5週目でとても元気です。」

つまり、ダネルさんのお家に貰われる直前に、キャサリンは運命の出会いをしてしまったんですね。


絶賛育児中と相成ったキャサリン。この時点ですぐに子犬たちから彼女を引き離せる人はいないでしょう。
そんなわけで、ダネルさんのお家でキャサリンを貰い受ける予定は実行されませんでした。

もともと、アパートの空き部屋に住み着いていたキャサリン。
この部屋の借主が決まった時、キャサリンは生まれたての子猫たちと一緒に発見されました。

こちらの借主は、すぐに南アフリカのランゲバーン・アニマルケアに電話しました。キャサリンは保護されましたが、一緒に居た子供たちを救うことができませんでした。

今回の出来事を紹介しているアメリカの動物愛護ニュースチャンネルthe dodoの公式サイトでは、ランゲバーンアニマルケア主宰で現在もキャサリンと暮らすイゼル・マラリッチさんのインタビューが紹介されています。


We have a very special story to share with everyone. Meet Katryn and her puppies. Katryn was brought to Langebaan Animal care 3 weeks ago as being abandoned and unfortunately her kittens didn’t survive. She was still lactating so we took her in and kept her safe till we could have her sterilized. Then came along four 3 week old puppies that was handed over to us as unwanted. Katryn claimed the puppies as her own and has been nursing them since then and protects them and cleans them as her own. It has been so special to see this in real life and to realize how amazing animals are to take care of the young no matter what species they are. We could learn so much from animals! These puppies are now up for adoption as they are now 6 weeks old. They are border collie x pups. Please contact Izelle on 0837900653 if you are interested to adopt one.

Langebaan Animal Careさんの投稿 2019年9月24日火曜日

イゼルさん

「彼女は人間が抱いてやらないと眠らなかったんです。愛情が足りないという感じでした。休みなく、鳴きながら子猫たちを探していました。心が痛みました。

(子犬たちが来てからは)彼女は極めて愛情深く、引き取った犬たちを怖がろうともしませんでした。子犬たちに歩いて近寄ると、一匹ずつに体を摺り寄せました。子犬たちは初め、困惑してキャサリンから離れたりもしましたが、キャサリンは諦めることなく、グルーミングを続けました。

やがてキャサリンの不眠や鳴き声が収まり、子犬たちと昼でも夜でもぐっすり寝るようになりました。子犬たちがサークルの外を探検したりして彼女から離れるとキャサリンは落ち着かなくなりました。その都度、彼らについて行っては呼びかけて、戻ってくると幸せそうでした。

ここまで献身的で愛情深い母親は見たことないわ。片時も子犬たちから離れようとしませんでした。」


この子犬たちも、今では里親さんたちに引き取られ、それぞれが幸せを手に入れたのだそうです。

そしてキャサリンは、また新たに2つの命を育てています。野原で置き去りにされていた親のいない子猫たちが今、キャサリンのおかげで、生き延びて戦う機会を得ています。

キャサリンを飼いたいという申し出は多いそうですが、当面は、ランゲバーンアニマルケアでイゼルさんたちと共に、身寄りのない動物のお母さん役を続けていくことにしたそうです。

辛い経験をしたキャサリンが、元気に巣立っていく動物たちに励まされている南アフリカの物語。世界ラグビー優勝国らしい元気の出るお話でしたね。


海外の人々の反応を見てみましょう!

・人間に教えてやるべきだ。彼女は何が大切かわかっている。愛と哀れみを。なんて小さな天使だろう。

・動物の方が人間よりずっと優れている。

・めっちゃ泣いた…動物の愛って全力で何より純粋…分け隔てなく、ただまっすぐな愛情だね。

・人間より動物はずっと優れた純粋な心をしてる。人は頭が上げられないね。

 ↑本当にそう。だから動物とずっと一緒にいたい。彼らは献身的だし正直だ。

 ↑誰もありのままの自然や動物を知らない。人間は完璧からは程遠いけど、動物よりましだよ。乾杯!

・この世界も捨てたもんじゃないね。

・他者への愛情…良いじゃない。このお母さん猫ちゃんに幸あれ。

・キャサリンは慈しみの心を持った美しい猫だね。なんていい話だろ。彼女から愛について学ぶところは多いね。彼女が愛と幸せを得られますように💗

・なんていい母親だろう。キスしてハグしてあげよう、天使ちゃん。

コメント引用元 : YouTube