歩行器を付けて歩くワンちゃんに導かれながら散歩をするキツネさんにほっこり♪


イギリスで暮らす、犬のジャックくんとキツネのパンプキンちゃん。後ろ足が不自由なジャックくんはいつも歩行器を付けて生活しています。そんなジャックくんの後ろを追いかけるように歩くパンプキンちゃんは目が見えません。

仲良く助け合いながら2匹が散歩をする様子に心が温まります♪ 動物への愛と思いやりを広めることを目的に動画をシェアしているアメリカのYouTubeチャンネル、GeoBeats Animalsからご紹介します。

Disabled dog becomes blind fox’s walking guide

いつも一緒に散歩する仲良しな2匹♪

(画像はYouTube:GeoBeats Animals

歩行器を使い歩くワンちゃんがキツネに追いかけられている!と一瞬心配になってしまいますが、ご安心下さい。

盲目のパンプキンちゃんにとって、ジャックくんの歩行器の音はとても頼りになる”ガイド”のような役割を果たしているのです!


(画像はYouTube:GeoBeats Animals

2匹とも体に不自由がありますが、元気よく散歩を楽しんでいる姿は幸せそのもの♪

たまにパンプキンちゃんがジャックくんより先に進んでしまうと、音が聞こえなくなったことに気づき「あらら、抜かしちゃった!」と、すぐにジャックくんの後ろに戻るそうです。


(画像はYouTube:GeoBeats Animals

イギリスで獣医師として働くアナ・ラパスさんに保護されたパンプキンちゃん。当時、足の骨が折れているなどの重症を負っていたそうです。

通常なら諦めざる負えない状態だったそうですが、アナさんの懸命な治療と看病によりパンプキンちゃんの命は助かりました。


(画像はYouTube:GeoBeats Animals

パンプキンちゃんを自宅に連れて帰ったアナさん。手作りで専用のハンモックを作るなど、パンプキンちゃんのために手を尽くしたそうです。

その甲斐あってか少しづつ元気になっていき、再び歩けるようになるまで回復!


(画像はYouTube:GeoBeats Animals

しかし怪我の影響でとても大人しくなってしまい、そのまま野生に帰すことは難しいと判断したアナさんは、パンプキンちゃんを家族として迎え入れることに。

アナさんの愛犬ともすぐに打ち解けたようですね♪


(画像はYouTube:GeoBeats Animals

命の恩人であるアナさんにお礼がしたいのか、散歩途中に拾った落ち葉をお土産として持って帰ってくることもあるそうです♪

このような野生のキツネの保護はイギリスでも珍しいことだそうですが、アナさんはキツネをペットとして飼うことをみんなにおすすめしたいと仰っているそうです!

アナさんのinstagramfacebookでもパンプキンちゃんやジャックくんの写真が公開されているので、是非チェックしてみてくださいね♪

海外の人々の反応を見てみましょう

・”時々ね、一番小さな物が心の中をいっぱいにしてくれるんだよ”(ディズニーアニメ、プーさんの名言)

・動物を助ける人には天国で特別な場所が用意されてるよね

・犬:”このキーキー音のなる車輪にオイルを注さなきゃだな” キツネ:”やめてーーーー!”

・これはとても可愛いわ!動物は世界で一番愛おしい存在なのに、まだ傷つける人がいるなんで信じられない!この動画で目が幸せよ!

・小さくて静かにだけど僕たちの周りにも奇跡が起こっているんだね。急いでばっかりいないで、気づかないといけないね。

・パンプキンは友達の匂いが分かるんだよ。愛の匂いがね…

・パンプキンが献身的な方のところに来れて良かったわ。この女性と彼女の動物たちに神の御加護がありますように。

・この何年かで人間への信頼を失ってたんだ。これみたいな動画が、まだ良い人間もいるんだって、犬とキツネも幸せにしてあげられる隠れたヒーローがいるんだって、思い出すことができるよ。

・涙が出るわ!アナ、あなたは天使ね。動物から学ぶことは多いわ。

・彼女の命を助けてくれてありがとう🙏❤️🦊

コメント引用元:YouTube