飼い猫がいつも見ている景色を覗いてみたら、雲の神様になっていた?


窓の外を見るのが好きな猫、クライド君。ある日、飼い主のアマンダさんがクライド君の見ている景色に目をやると、思いもかけない愛猫の姿を見ることになりました。

まるで雲と一体化したようなクライド君。その幻想的で面白い写真は、インターネット上でもたちまち有名になったそうです。クライド君とお気に入りの窓辺をStories of Animalsより、ご紹介します。

Woman’s Turns Her Cat Into ‘Cloud God’ With Perfectly Timed Photo

猫は孤高の生物

(画像はYouTube:Stories of Animalsより)

こちらはラグドール/メイン・クーンのクライド君。アマンダさんとおっしゃる飼い主さんとその恋人と一緒に暮らしています。

このクライド君、猫の孤高で至高という(猫好きの持つ)イメージを具現化したということで、インターネット上で一躍有名になっているのです。


(画像はYouTube:Stories of Animalsより)

お気に入りの窓辺で外を眺めているクライド君は、ごく普通の猫らしい猫に見えます。アマンダさん達が出かけるときには、いつもこうやって外を確認しているそうです。

ある時、アマンダさんがクライド君が外を見ているところを写真に収めようとしたら、驚きの結果となりました。


(画像はYouTube:Stories of Animalsより)

ガラスに映ったクライド君の姿が雲と見事に合成されてしまいました!

クライド君が自然に雲に溶け込んでいて、CGも何も使っていないとは驚かされます。この写真は思わず二度見してしまう、神様の顕現のようだと、インターネット上でも大きな話題に。本当に、天から声が聞こえてきても不思議がないような写真ですね。


(画像はYouTube:Stories of Animalsより)

室内で撮影されたクライド君のお写真は茶色い部分が多いように見えますので、雲と一体化した時の姿はずいぶんと白いようにも感じられます。しかしアマンダさんの別の写真によると、角度と光の加減によっては、このように真っ白な猫ちゃんにも見えるようですよ。

今どきはコンピュータ・グラフィックスを使えば、思う通りの映像が作成できるものですが、意図せずに作られた光景には人を感動させる何かがあります。アマンダさん、ありがとうございました。

海外の人々の反応を見てみましょう

・クライド「ついに皆に真実が伝わった」素晴らしい写真だね。

 ↑見るからに、合成でしょ。

・雲の神様、クライドがやって来た!

・どんな猫も皆、称賛に値する。

・観察とその結果が正確で真実であった場合、「大きすぎる自我」は関与していない。

・悪いんだけど、この写真は加工されたように見える。

 ↑加工じゃないよ、実際にこうなっているの、見たことある。

・猫を称えよ!

コメント引用元:YouTube