ボール遊びを極めたら新種の生物みたいになってしまったゴールデンレトリバー!まるでハムスターのように広がる頬袋にびっくり


口の中から蛍光黄色…と見ると『エイリアン』をはじめ、おぞましい感じの生き物という印象を持ちませんか? しかしとっても可愛いのでご安心ください。

今回ご紹介するのは性格の良さでペットとしても愛されている、ゴールデンレトリバー。ボール遊びの最中に口にボールをくわえるようになり、遂に6個までくわえられるようになったとか。

飼い主さんがギネスブックに申請中というゴールデンレトリバー 、フィンリー君の技をご覧ください。

Ball hog! Canandaigua dog can hold 6 tennis balls at once

ぼくフィンリー、こう見えても犬です

(画像はYouTube:Democrat and Chronicleより)

変なシルエットのこの生き物は、ニューヨーク州カナンデーグアに住むゴールデンレトリバーのフィンリー君です。

そう、口いっぱいにハムスターのように詰め込んだテニスボールのせいで、とても犬とは思えぬ顔つきになってしまっていますが、ペットとして人気のゴールデンレトリバーなのです。


(画像はYouTube:Democrat and Chronicleより)

ボール遊びが大好きなフィンリー君は、数年前から投げてもらったボールを口にくわえるようになったそうです。投げてもらったボールを口でキャッチし、地面に置いていき、6個になったら口にくわえ始めるのだそうです。

最終的には6個全てを口に入れられるフィンリー君なのですが、実はこれは世界新記録と思われます。2003年にテキサス州でテニスボールを5個くわえられる犬がギネス記録認定を受けているのです。というわけで、飼い主さんは現在ギネス記録としてフィンリー君のことを申請中だそうです。


(画像はYouTube:Democrat and Chronicleより)

4個までは割と簡単に口に入りますが、5個目と6個目は大変そう。前脚で押さえ込んで一生懸命口に入れています。


(画像はYouTube:Democrat and Chronicleより)

それでも6個くわえ上げると、意気揚々と遊んでくれる皆の方にやって来ます。途中で口からこぼれるボールもありますが、ボール大好きのフィンリー君は、ちゃんと拾い直します。

そして皆に褒められたら、冒頭のようなポーズも決めてくれます。ずっと尻尾が揺れていて、楽しんでいるのが伝わってきますね。


(画像はYouTube:Democrat and Chronicleより)

飼い主さんの元には、動物虐待だとの声も寄せられているそうです。ですが、全てはフィンリー君が自分から始めたことなので誤解しないで欲しいとのことでした。

こんなふうに、単にボールと戯れているだけの時もありますものね。フィンリー君にとっては、口にボールを詰め込むのも、遊びの一環のようです。

ギネス認定をもらうには証拠映像や、偶然ではなく再現性があることなど、それなりの認定基準があるそうで飼い主さんは気を揉んでいるようですが、こんなにボールが好きなら何度でもこの芸(?)は披露してくれそうなフィンリー君。次はギネス認定でニュースに登場してくれる日が楽しみですね!


海外の人々の反応を見てみましょう

・賢いし、可愛いね。

・ハムスター犬だね! すごく可愛い!

・テニスボールの毛って、発癌性が心配。

・なんて才能だ。みんな自分のテニスボールをこの子にあげるよ。

・私はうちの子がテニスボールを2個くわえて、瓶もくわえているのを見て賢いと思っていたわ。

・セネカフォールズからコメントです。こんな近くにスターが住んでいるなんて、ワクワクしちゃう!

・最っ高!!! 世界記録と呼ぶに値するよ。

・この子をわざわざ世界最高にしようとしないで。もう既に最高だよ。

・もし「ロッキー」がテニスボールを食べるんじゃなくて、こういうふうにしたら、と想像しちゃうね。

コメント引用元:YouTube Instagram

飼い主さんはInstagramでフィンリー君の動画や写真を沢山公開していらっしゃいます。ボールやオモチャを口にくわえていることが多いので、何かをくわえて遊ぶのが大好きなのでしょうね。とっても可愛いので、ゴールデンレトリバーが好きな方は是非ご覧になってみてください♪