中国の幼稚園では子供の体調チェックにロボットを導入!?


幼稚園や保育園では、毎朝子供の体調チェックが欠かせませんね!

自分の体調についてうまく表現できない子供にとっては、大人が責任を持って子供の体調を管理することがとても大切です。

中国では、子供の体調管理に「あるもの」を導入して効率化と正確さを向上させているんです!

一体どんなものなのか、見ていきましょう!

Hi-tech health checks in Chinese kindergartens

たった3秒で子供の体調がわかっちゃう?

お子さんがいる方はご存知かもしれませんが、幼稚園や保育園に児童を預ける際は、体温や体調を確認する必要があります。

体温計なども進化していて、数秒で体温が測れるものもありますが・・・子供が走り回ったり、親と離れるのが嫌で泣いてしまったりして意外と時間がかかることもあります。

仕方がないことだと思っていましたが、なんと中国ではこのロボットがその問題を解決してくれるそうなんです!


”Robot doctors”と呼ばれるこのロボットは、中国の東部、江蘇省の蘇州にある会社によってデザインされ、すでに5,000もの幼稚園に導入されています。

このロボットは、顔認識技術とAIによって、子供の健康状態をチェックします。

目・鼻・口と体温を約3秒で測定し、子供の健康状態に異変があった場合はすぐさま先生にお知らせしてくれるのです。


このロボットの導入のお陰で、保護者も先生も体調チェックの時間が減ったと喜びの声をあげています。

朝の時間って、とても貴重ですもんね!

時間がかかるものは仕方がないと思っていたことも、技術の発達で改善されるって素晴らしいですね。

いつか日本にも導入される日が来るかもしれません!


海外の人々の反応を見てみましょう

・正直、これはとてもいい考えだ!体調が悪い子に学校を休ませることで、別の子供にその菌が移るのを予防できるね。

・私も、この体調チェックをやってみたい!

・これはすごいね!中国!

・アメリカがこれを真似するかもしれないわ!

・日本にはない現代的なものだね!

・こんな素晴らしいものが中国で開発されるのは驚きだ!

・毎朝こんな体調チェックができるなんて、すごい!

コメント引用元・・・YouTube