子供達のハロウィンの衣装を何でも”かぎ針編み”で作っちゃう凄腕ママ登場!


もうすぐハロウィン!そしてハロウィンといえば仮装です。
日本では既製品を利用することが多いですが、アメリカでは手作りする人も多いようです。

今回ご紹介するのはアメリカ、オハイオ州にお住まいのステファニーさん。
二人の息子さん、ジェイコブ君とジャック君の為に今年も素敵な衣装を作成しました。

その驚きのクオリティと可愛い子供たちをご覧ください♪

Are These the Scariest Homemade Crocheted Costumes

ガオ~!今年はプレデターとエイリアンだぞ!

見た目は怖いけど中にいたのは可愛らしい男の子!
ステファニーさんのお子さん、ジェイコブ君とジャック君です。

今年のハロウィンの衣装はどちらも映画のキャラクターです。
左側がプレデター、右側がエイリアン。
2004年に公開された「エイリアンVSプレデター」は皆さんもご存知ですよね。

こちらの衣装を作るのに、かぎ針編みで、それぞれ約50時間と、約2週間かかったそうです。
エイリアンの頭の部分はとくに大変そうですね…。


二人のママのステファニーさんです。
どちらの衣装も子供達がそれぞれに希望を出したものを作ったそうです。

「ただ作るだけでなく、途中で何度も着せて体にフィットするか確認しながら作業を進めているのよ。」

とステファニーさんは語ります。

ステファニーさんは数年前からかぎ針編みで衣装を作ってきました。


左側は日本でも有名なアニメキャラクター、スマーフです。
右側はスティーブン・キングの小説に出てくる殺人ピエロ、ペニーワイズです。


こちらはなんとも可愛らしい 人間の形をした想像上の小さな生き物を模したガーデン・ノーム(庭小人)です。
すごく可愛いですね。


最後に、左側は日本でも有名なE.T.、右側は映画「ゴーストバスターズ」に登場するスライマーです。

ステファニーさんは「来年は何を作るの?ってよく聞かれるけど、まだ何も分からないわ。子供達が言ったものを作るのよ。」と話します。

こんな素敵な衣装を毎年手作りしてくれるママって素敵ですね。
お子さんたちも衣装を着てとても楽しそう。

親にとって我が子の笑顔は癒しであり、生きる活力となるのです。


海外の人々の反応をみてみましょう

・このお母さんは衣装を作る本格的なスキルがあるわ。

・かぎ針編みなので何かに引っ掛かって全部ほどけない事を願うわ。

・このママは手作りのレベルを引き上げた凄い人だわ。私のママは赤い布を切っただけの布をスーパーマンのマントだって言ってくれたの。

・彼女はこれを武器にビジネスを始められるわね。

・かぎ針編みの衣装を見たのは初めてだわ。

・スライマーの衣装が大好き。プレデターとエイリアンは本当に怖い。少なくとも子供達はそれを着て暖かいだろうけど😢

・うわ~、素晴らしい。かぎ針編みを練習して私も同じようにしたい。素晴らしいママだわ。

・お金を払うから私の衣装も作って~

・最初に見たとき衣装がレゴで作られているのかと思ったわ。

・ハロウィンの日に雨が降らないことを願うよ。

コメント引用元:YouTube