森林火災の影響がここにも!消防車のサイレンを覚えてしまったカラスの鳴き声にびっくり


オーストラリアに生息するマグパイ(オーストラリアン・マグパイ、日本名カササギフエガラス)と呼ばれる鳥が、消防車のサイレンを覚えて警報を出し続けている動画が話題です。

カラスがよく聴く人間の言葉を真似るというのは、ときどき見かけますよね。
しかしサイレン音を覚えて真似てしまうということは、それだけ消防車の行き来が多いということ。現在のオーストラリアの深刻さがうかがえます。

音量に注意して、どんな鳴き声をしているのか、みなさんもぜひ聴いてみてください。

Australian magpie mimics emergency siren during NSW bushfires


緊急事態!火災も酷暑も早く収まってほしい〜!

(画像はYouTube:Guardian Newsより)

オーストラリア、ニューサウスウェールズで今も続いている大規模森林火災。

消火活動のために行き来する緊急車両のサイレンをマグパイと呼ばれる鳥がコピーしているというこの動画ですが、実際の消防車の音と比べても本当によく似ていて、驚きです。

独特の美しい鳴き方をすることもあるマグパイですが、基本的にはよく聴こえてくる音を何でも真似てしまう特徴を持っている事が知られています。


(画像はYouTube:Guardian Newsより)

元絶滅危惧種コミッショナーのグレゴリー・アンドリューズさんが昨年12月26日にFacebookグループページ”Australian Native Birds” に投稿したこちらの動画は、現在では3,000件以上シェア数を伸ばしています。つまり、マグパイくんの発する警報音が世界中に拡散され続けている状態です。

サイレンをコピーするマグパイくんの姿は、オーストラリアを襲う厳しい暑さと終わらない森林火災の深刻さを警報音に託して訴え掛けているように見えてきます。心に刺さる動画でした。


海外の人々の反応を見てみましょう!

・この子は総理大臣より上手に周りに警戒を呼びかけてくれてる

・ちょっと悲しいな。

・マグパイも緊急事態だって言ってる

・オーストラリアの現状を知ってれば、これはすごく悲しいことだ。

・彼らは最高で39種類も、ものまねできるんだぜ。犬とか車とかサイレンとか携帯電話の音なんかもね。天才だよ!

・ドップラー効果も再現してる!偉い

・たっくさん消防車の音を聞いた結果だよね。

・彼が目にした出来事を話してくれようとしてるみたい 🙁

・このマグパイがオーストラリアに住んでるって気付くまでは、むしろ面白動画なんだけど、すごく心が痛むな

・過追現場から5時間ほどの首都圏にいます。ここでもオレンジ色の影が掛かっていて息苦しいです。こんな事はかつてなかったです。犠牲者や動物たちを思うといたたまれない😔

コメント引用元 : YouTube