オーストラリアで保護された可愛いペンギン、元気を取り戻して故郷に向け出発


オーストラリアで衰弱しているところを保護された、こちらのキマユペンギン。

ニュージーランドの固有種です。

ニュージーランドから2500キロもの距離を泳いでオーストラリアまで渡ってきたペンギンが、どのように元気を取り戻して故郷へ戻っていったのか、ご覧下さい。

Penguin Nursed Back to Health After Long Journey

丁寧にケアされてきました。

プールでスイスイ泳ぎ回るペンギン。

メルボルン動物園の施設の中で、回復のために2ヶ月間丁寧にお世話されてきました。

長距離を泳いだことで、かなりの体重が減少していたようですが、しっかりと餌をもらって元気になりました。


他にも怪我はないか、様々な精密検査を受けたペンギン。

ついにお医者さんも、彼がニュージーランドまで帰れるくらい元気になったとして、GOサインを出します。

いよいよ海へと放たれる時です。


久々の海を前にして佇むペンギン。

故郷を思い出しているのでしょうか…

彼がなぜオーストラリアにまでやってきてのかは不明だそうですが、この種は餌を求めて長距離を泳ぐことがあるそうです。

しっかり強くなったペンギン、繁殖の季節までに無事ニュージーランドに帰れるといいですね♫


海外の人々の反応をみてみましょう

・2019遠泳チャンピオン、おめでとう

・帰る途中捕食されたんじゃないの

・すごい可愛い!こういう人たちがもっと必要だね

・動物大好き。保護にあたってくれた人たちに感謝

・ペンギン欲しいな

・ハッピーフィートだね

・可愛すぎる

・いつから南オーストラリアにペンギンがいるようになったんだ?

・彼はいいバケーションスポットを探してたのかも

・泣けちゃうよ、彼は幸せだね

コメント引用元:Youtube

最新情報をチェックしよう!