子猫と触れ合う事で猫好きになった!猫が苦手なお父さんの心を変えた1匹の子猫にほっこり

アジア系アメリカ人女性のクリスティーナさんのお父さんは、もともと猫が好きではありませんでした。しかし、今では、子猫が膝の上にいないと、お気に入りの韓国ドラマを見ることが出来ない程、猫と仲良しです。

動物達の心温まるストーリーをシェアするYouTubeチャンネル「The Dodo」より、ご覧ください♪

Woman’s Dad Who Didn’t Like Cats Changes His Mind Thanks To One Special Kitten | The Dodo


★他サイトの話題をご紹介

お父さんに興味津々!

(画像はYouTube:Dodoより)

クリスティーナさんは、昨年、7匹の猫とともに実家に帰りました。クリスティーナさんの父はあまり猫に触れたことが無かったため、猫が嫌いでした。その為、当初は家族が猫達と一緒に何事もなく過ごせるかはわかりませんでした。



(画像はYouTube:Dodoより)

当初、スクーティーという猫以外は猫達は新しい居住場所に戸惑いましたが、スクーティーという猫だけは、お父さんに興味津々でした。

お父さん:
「ある日、スクーティーは近くに座り、私を戸惑わせました。娘のクリスティーナがスクーティーを私の近くに持ってきた時は彼女はとても幸せに見えました。その後、より彼女にもっと近づきたいと思うようになりました。」



(画像はYouTube:Dodoより)

お父さん:
「(スクーティーと過ごしている時は)彼女は家族のようであり、彼女はまるで私の孫のように振る舞います」




(画像はYouTube:Dodoより)

娘のクリスティーナさんは7匹の猫と猫カフェを経営していました。しかし、アジア系のオーナーだった事もあり、経営がうまくいかなく一時的に閉店する事にしました。
そこで、親が服屋を40年経営していた事もあり、親の力を借り、マスクを製造する商売を始めました。



(画像はYouTube:Dodoより)

現在は、お父さんは毎日韓国ドラマを見ながら、スクーティーちゃんと戯れるようになりました。毎日スクーティーちゃんの方からお父さんの方に近づいていきます。

思いやりをもって猫に接するお父さんと、可愛らしいスクーティーちゃんの、素敵なストーリーでした♪

海外の人々の反応

・私は何年も思ってきたことだが、猫好きではない唯一の人は、猫を飼ったことがない人です。

・猫に人が選ばれる程、光栄な事はありません!

・これは、家に犬や猫を連れてくる子供たちに反対する親を思い出させるね。けど、それから数週間後経つと、両親は彼らを深く愛している人になっちゃうんだよねぇ。

・ああ、とても可愛くて心温まります。彼女のお父さんは猫と同じくらい愛らしいです!

・「2020年は大変でした。人々はアジア人が経営する店に入るのを恐れていました」これはとても悲しい事です。このように扱われるアジア人にとても申し訳なく思う。

・お父さんはとても穏やかで美しい精神を持っているので、その猫はお父さんに引き寄せられたんだと思う。

・猫が嫌いな人は、猫と過ごした時間が少ないからです。猫はとても愛情深いです。

・猫の愛情には驚かされます。猫が喉を鳴らしてこすり、人間を愛するとき、猫についての誤解はすぐに消えます。

・以前は好きと思わなかった人が、猫好きになったという話は、いつも大好きです!

コメント引用元:YouTube

最新情報をチェックしよう!