風船が届けたメッセージが遠く離れた家族を結びつける(アメリカ)


画像引用元:Youtube

飛ばした風船が、たまたま離れた家族に拾われ、二人を結びつけつる。

そんなドラマチックな出来事がアメリカで起こりました。

ある日、イリノイ州に住むミシェルさんは、メッセージを入れた瓶のアイデアを風船に応用し、メッセージをつけて飛ばしてみます。

それが親戚に拾われることになるとは、想像していなかったようです。

Man Finds Note From Long-Lost Cousin 170 Miles Away

これを見つけたら、どこに着いたかメッセージをください

「どこまで飛んでいくかみてみたかったの」と語るミシェルさん。

彼女の風船はイリノイ州から、約273kmを飛んで州境を超えて、ケンタッキー州のクリントン郡にある小さな街へたどり着きます。

人口約1300人のこの街に着いた風船は、通りがかりの道路作業員に拾われます。


こちらが風船を拾ったトミーさん。
彼は風船にくくりつけられていたメッセージをみて、その連絡先に風船の場所を連絡します。

メッセージを受け取ったミシェルさんは驚きます。

なぜならクリントンは、ミシェルさんが子供の頃祖父母と夏を過ごした場所だったから。

その事実を伝えると、トミーさんのお母さんの旧姓が、ミシェルさんの祖父母の姓と同じだと判明します。


調べるうちに、二人の曽祖父が兄弟だと分かり、ミシェルさんとトミーさんは”またいとこ”ということに。

風船が繋いだ不思議な縁で、ミシェルさんはトミーさんに会いに行きます。


アルバムを開いて楽しそうに会話する二人。

興味本位で飛ばした風船が、親戚に拾われるという奇跡があるとは驚きですね。

このニュースをきっかけに、風船でメッセージを送ってみようとする子供が増えてしまうかもしれません(笑)


海外の人々の反応をみてみましょう

・これを運命と言わずして他になんというの?

・そして私は授業用の鉛筆さえ見つけられない

・誰かと再び風船で繋がるなんて

・こういう風船見たら彼女のこと考えるな

・これすごい試してみたいな

・彼女が風船を飛ばさなかったらどうなってたんだろう

・理想の女の子を求めて風船を使おう

・これのせいで裏庭に13個の風船が落ちてきた

・彼女はまたいとこを見つけたのに、まだ私はメッセージ瓶を海に投げて助けを求めてる

・映画みたいな出来事だね!

コメント引用元:Youtube