子犬と引き裂かれ、捨てられていたピットブル、4ヶ月通い詰めてくれた男性に心を開く


カリフォルニア州のダカー近郊で、彷徨っていたピットブルのママ。その存在が知られた時には、明らかに産後なのに子犬を連れておらず、どうやら捨てられたらしいということでした。

傷ついているママの保護は簡単なことではなく、複数の組織が協力して保護に乗り出すまでに1年以上、接触を始めてから4ヶ月かかったそうです。彼女のために4ヶ月も住処の果樹園に通い詰めた一人の男性に焦点を当てた物語を、The Dodoが紹介しています。まずは動画を見ながら経過を追ってみましょう。

Patient Man Takes 4 Months to Rescue Abandoned Mama Pittie | The Dodo Pittie Nation

君のことが大事なんだよ

(画像はYouTube:The Dodoより)

カリフォルニアのダカー近辺で、1年以上も野良犬として暮らしていたピットブルのママ。彼女がママと呼ばれているのは、発見当時、産後の体型だったからでしょう。可愛そうなことに、生まれたはずの子犬はママの周辺にはおらず、単独で行動していたそうです。

その涙を誘う姿のことを聞いたダニー・スパンクスさんと動物保護団体のA SafeFurr Place Animal Rescueは、ママを保護しようと動き始めたそうです。


(画像はYouTube:The Dodoより)

当初は人間には警戒心しかないママですから、近付くこともできません。7mほどまで接近できたら上出来だったそうです。ダニーさんも、これほど人間を怖れているのに信用してもらうのは無理ではないかと感じていたと語ります。


(画像はYouTube:The Dodoより)

犬小屋を作ってみたけれど、やはり入ってはくれなかったママ。ここから、ダニーさんがママの元へ通い詰める日々が始まります。


(画像はYouTube:The Dodoより)

人気もない果樹園の用地にほぼ毎日、45分かけて通ったそうです。そして、ドッグフードを投げてあげている内に、どんどんママが近くに来てくれるようになったそうです。その頃には、自分がなぜここにきているのか分かってくれていたようです、と語るダニーさん。


(画像はYouTube:The Dodoより)

ダニーさんが自分を助けるために来ていると理解してからは、だいぶ心を開いてくれるようになりました。一緒に遊んだり、何もせずに距離を保ったまま、ただ一緒にいたり、時間と手間と愛情を惜しみなくママにかけたのです。


(画像はYouTube:The Dodoより)

ママと過ごす時間を大事に思っていたダニーさんですが、辛かったのは、どれほど仲良くなったと思っても、ママは決してダニーさんに触らせてくれなかったことです。背後からクンクンと匂いを嗅いでいるので振り返ると、さっと後退して吠え始めたり、何かバリアを張られているように感じていたということです。


(画像はYouTube:The Dodoより)

最終的には、ダニーさんたちは罠を仕掛けて、檻で捕獲することにしました。


(画像はYouTube:The Dodoより)

正式に保護され、安全なところに連れてこられて、初めてママはダニーさんに撫でさせてくれたそうです。感動的だったと語るダニーさん。この後はダニーさんがママを引き取る予定になっているそうです。

「辛い半生を送ってきたこの犬の信頼を勝ち得たのが自分であることを嬉しく思っています、この子に夢中なんです」

と優しい目線をママに注ぐダニーさん。彼の元で、ママは幸せに暮らせることでしょう。

野良犬や野良猫を保護するためには、徐々に信頼を得て行かなければならないのは容易に想像できます。しかしほぼ毎日、往復90分を4ヶ月というのは、とてつもない労力です。ダニーさんのひたむきさに心を打たれますね。

辛い思いをしてきたぶん、これからママには幸せな時間を過ごして欲しいと思います。

海外の人々の反応を見てみましょう

・捨てられて、我が子を失って…何重にも悲し過ぎる。

 ↑でも、素晴らしいハッピーエンドよ。

 ↑その通り。心折れることのなかった忍耐と愛のある、素晴らしい男性だよ。

・「人間性は行動にあらわれる」

 ↑特に弱者に対する行動にね。

・人間が闘うようにトレーニングしたせいで、ピットブルがどれほど憎らしく報道されているかを考えると、うんざりするよ。この動画を観れば、ピットブルの目にはどれほどの愛が宿っていて、どれほどのものを人間に与えてくれるのかよく分かるよ。

・この特別な男性は、この本当に特別な犬に相応しい。

・この犬は繁殖のためだけに飼われていたんだろうね。子犬は産まれてすぐに販売用に取り上げられてしまったんだろう。そして自分は、「飼い主」には用無しだから、口減らしに捨てられた。言いたくはないが、よくあることだ。

 ↑そのようなことをする人間は鞭打ちの刑を受けるべきだ。

・この男性や、この男性のような立派な心の持ち主に、神の恵みがありますように。

コメント引用元:YouTube

4ヶ月の長期にわたるママの保護活動は、元々はA SafeFurr Place Animal Rescueが20分弱の動画にして公開していました。もう少し細かく、この大掛かりな活動を追ってみたい方は、以下の動画をご覧ください。

Abandoned dog rescued after 15 months of living on her own.