孤児のカンガルーとウォンバットが種別を超えた友情で結ばれる!


オーストラリア、ニューサウスウェールズ州にあるリンドウェイ農場では、孤児になった動物を助けて保護しています。その中でも、カンガルーのバギーとウォンバットのウォリーは強い友情で結ばれています。

オーストラリアならではの動物の種別を超えた可愛らしい友情をご覧ください。

Wombat And Kangaroo Are Obsessed With Each Other | The Dodo Odd Couples

一緒にいると落ち着くみたい

(画像はYouTube:The Dodoより)

じゃれ合うカンガルーのバギーとウォンバットのウォリーです。追いかけっこをして遊んでいるようですね。丸々としたウォリーのお尻が可愛らしいです。


(画像はYouTube:The Dodoより)

なんと小さなケージの中に2匹仲良く入ってしまいました。リンドウェイ農場の方によると、2匹ともお互いに初めて見た時から一目惚れ状態だったそうです。


(画像はYouTube:The Dodoより)

小さなゆりかごの袋の中で眠るバギーとウォリーです。足が少し見えていますが、ウォリーの下でバギーが眠っています。最初はゆりかごのような袋の中でそれぞれを寝かせていたのですが、気付いたら2匹が同じ袋の中で眠っていたそうです。


(画像はYouTube:The Dodoより)

このように眠っているバギーと一緒の袋の中に入っていくウォリー。最初は同じ袋の中でも良かったのですが、徐々にウォリーが大きくなってしまったため、ウォリーがバギーの上に覆いかぶさるようになりました。

農場の方は「かわいそうなバギー!」と言っています。バギーが窒息しないか心配ですね(笑)


(画像はYouTube:The Dodoより)

ミルクを美味しそうに飲むウォーリーです。ウォンバットのウォリーは道端で捨てられているところを約5ヶ月前に拾われ、農場に連れてこられました。そして農場で引き取って育てられることになりました。


(画像はYouTube:The Dodoより)

その2ヶ月後に、カンガルーのバギーがゴルフ場のそばの藪の中に居るところを救助され、農場に連れてこられました。


(画像はYouTube:The Dodoより)

バギーのお気に入りの場所は暖炉の前です。ある日、バギーとウォリーは暖炉の前で恋人のようにお互いに抱き合っていたそうです。本当にお互いに大好きなんですね。


(画像はYouTube:The Dodoより)

農場には他にエミューがいます。バギーは今では成長してエミューより背が高くなりました。

ウォンバットのウォーリーは夜行性なので夜に活動します。起きている時は常にバギーの事を探しているそうです。お互いに孤児になり、同じ袋の中で育ったもの同士、切っても切れない友情が芽生えたのでしょうね。

リンドウェイ農場のInstagramではバギーやウォリーやその他農場で飼われている動物の可愛らしい画像や動画が見られます。興味のある方は是非ご覧になってみてください。

海外の人々の反応を見てみましょう

・彼らの友情は彼らがどれだけ母親の愛情を必要としていたかを反映しているのではないかしら。

・オーストラリアには独特な動物が沢山いるわね。

・バギーの袋の中にウォリーの写真を入れてあげたら。

・最もオーストラリアらしい友情だね。

・そろそろ野生に戻してあげても良いかもね。

・彼らは仲の良い兄弟さ。

・別の種だけど、オーストラリアンだね。

・なんて、可愛いの。癒されるわ。

・ウォンバットも袋に入るなんて。

・動物の種類なんて関係ないさ。生き物という分類で見よう!

コメント引用元:YouTube

最新情報をチェックしよう!