盲目の「仲間」に、生活には欠かせないあれこれを丁寧に示してあげるゾウの様子が心温まる

主にゾウに関するニュースや動画などを公開しているタイのYouTubeチャンネル「elephantnews」からの、ほっこりする動画をご紹介します。

全盲のゾウ「プロイトン」に、一頭の若いゾウ「チャナ」が食べ物の場所、泥の遊び場、川などの生活には欠かせないあれこれを丁寧に示してあげています。プロイトンのテンポに合わせながら、寄り添ってあげる優しいチャナの様子をどうぞご覧ください!

Heartwarming Footage Elephant Guiding Her Blind Friend To Explore Their Home – ElephantNews


★他サイトの話題をご紹介

生活に必要なすべてを優しく丁寧に

(画像はYouTube:elephantnewsより)

小柄なゾウがチャナです。左側のプロイトンにしっかり寄り添ってあげています。



(画像はYouTube:elephantnewsより)

チャナがプロイトンの体を優しく摩ると、それは何かの合図なのかチャナの方へとプロイトンは移動します。



(画像はYouTube:elephantnewsより)

チャナは後ろ歩きでプロイトンのペースを見ながら歩いてあげているように見えます。自身の鼻を「こっちだよー」というかのように振っているのが可愛いですね。



(画像はYouTube:elephantnewsより)

チャナとプロイトン(と、もう1頭)は仲良くお食事タイムです。チャナが立ち去っても、もう1頭のゾウはまだ食事をしているのですが、チャナの立ち去るタイミングに合わせてプロイトンも移動するあたり、2頭はしっかり意思疎通が出来ているよう。



(画像はYouTube:elephantnewsより)

障害物の場所も教えてあげているかのような素振りもみせます。ぶつからないようにチャナが岩とプロイトンの間に体を入れているようにも見えます。



(画像はYouTube:elephantnewsより)

その後は泥の遊び場へ。とっても楽しいのか、なんだか嬉しそうな3頭です。



(画像はYouTube:elephantnewsより)

最後には水飲み場である川へ!ここでもやはり先を行くのがチャナ。チャナが水の中に足を踏み入れると、プロイトンも入ります。

目が見えないと不安も多そうですが、プロイトンは大きな耳と鼻を使ってチャナの存在を認識しているのでしょうか。チャナと一緒なら自分は大丈夫という信頼が感じられますね。



(画像はYouTube:elephantnewsより)

水遊びが好きなのか、嬉しそうな鳴き声まで♪ 2頭は最後まで一緒に寄り添いながら、このひと時を楽しむのでした。

この動画に登場したゾウたちは現在、ゾウの保護を目的として作られた施設「エレファントネイチャーパーク」で生活しており、小さな群れを形成しているとの事。この友情がいつまでも続きますように!

海外の人々の反応を見てみましょう

・美しくて思いやりのある生き物の姿に涙、でも同時に笑顔にも。彼らが今良い生活を送れていることに感謝をします。

・本当にハートウォーミングよ。彼らの友情と思いやりったら本当に信じられない!

・世界を動かす上で、ゾウはかなり良い働きをするじゃん。人間ときたら恐ろしいよ。

・ああああああっ美しいわ!!チャナはプロイトンが見ることが出来ないってこと本当に知っているのね…本当に素晴らしいわ!動物は、私たちが彼らに与えるものよりもはるかに多くの信用に値するわよ。

・ゾウってなんて愛情深く支え合う生き物なんだろう。私たちはもっと彼らのようであるべきなんだ。

・もし人間がこのゾウたちのようであったら、世界はもっと平和な場所になるよ。

・人ももっとこういう思いやりを見せられたらなぁ。

・ただただ愛らしい。彼女はなんて良い友人なんだろう。

コメント引用元:YouTube

最新情報をチェックしよう!