赤ちゃんと遊んであげる優しい犬が、テレビ画面の中の自分に大はしゃぎする姿が可愛い


ニュース番組Good Morning America(GMA)の1コーナーで、とても気のいいワンちゃんが紹介されました。もともとは、赤ちゃんと遊んであげている姿がネットの人気者になったこちらの黒犬、ブロン君ですが、GMAのニュース番組ではその後の姿もしっかりリポートしてくれています。

赤ちゃんのお守りができる頼りになる飼い犬ぶりと、画面に写った自分に大興奮する微笑ましい姿。GMAのYou Tubeチャンネルからお楽しみください。

Adorable moment between a baby and his dog l GMA

ブロン、もっと遊んで!

(画像はYouTube:Good Morning Americaより)

アメリカのルイジアナ州で、赤ちゃんのリアム君と飼い犬のブロン君がとても楽しそうに遊んでいます。ブロン君のツボを押さえた動きに、リアム君はきゃっきゃ、きゃっきゃと本当に楽しそう。


(画像はYouTube:Good Morning Americaより)

お互いに頬を寄せたり、額をくっつけたり、遊びの時間以外も仲良く過ごしていることがうかがわれます。GMAのキャスターさんの紹介では、撮影者であるリアム君のお母さまは、”撮影を始めるのがちょっと遅くて…”、とコメントされているとのことですが、十分に楽しさは捉えられています。


(画像はYouTube:Good Morning Americaより)

GMAでは、ほっこり動画の後日談もしっかり追っていました。リアム君とブロン君の可愛い姿はネットで人気を集め、それだけでもテレビに取り上げられるほどだったようですが、それに気づいたブロン君の反応がまた、可愛いのです。

自分(達)だ!と気づいた瞬間、テレビに猛突進し、何度も繰り返し跳び上がって喜びを表現しています。自分に興奮しているのか、リアム君に興奮しているのかは分かりませんが、とても気の良さそうなブロン君です。


(画像はYouTube:Good Morning Americaより)

画面は再びスタジオに。向かって右側でリモート出演しているロビン・ロバートキャスターによると、以前ロバートキャスターが手に持っている音の出るおもちゃを放送中に鳴らしたところ、各地から飼い犬がブロン君のようにテレビ画面に興奮したと報告があったとか。犬はテレビをよく見ているようです。

「また同じことにならないよう、今回は控えますけど」とロバートキャスターは言っていましたが、出来れば鳴らしてあげて、きっとこの放送も見ていたであろうブロン君に更なるお楽しみを提供して欲しかったですね。

リアム君とブロン君の交流も十分心温まるものですが、その姿を愛おし気に語るキャスターさんたちの姿からも、ペットとして犬がいかに愛されているかが伝わってくるほっこりな映像でした。

海外の人々の反応を見てみましょう

・この犬が自分の姿をテレビで見た時の反応は確かに可愛いけど、赤ちゃんとのやり取りがちょっと引っかかるわね。遊びでやっているということは見て取れるけど、赤ちゃんの顔に近づき過ぎな感じがする。犬にとっては遊びのひと噛みでも、赤ちゃんの顔の一部を噛みちぎることはできるわけで。水を差すつもりはないんだけど、動物って、どんなに気の優しい犬に見えても、動物自身はそんなつもりはなくても、予測不可能な部分はあるから…。

・うわ~、この動画の最後のところがいいね!

・可愛すぎ!

・とっても愛らしくて、素敵!

・素敵な動画! ありがとう、私たちは心から喜びます。

・いい動画だなぁ。

・楽しかった。この動画を観たら、うちの赤ん坊に犬を飼ってあげたくなった!

コメント引用元:YouTube