麻酔で動かない仲間に寄りそうフレンチブルドッグの姿に心打たれる


スロベニアに住む2匹のフレンチブルドッグ、茶色の毛並みのメス犬『イサ』と黒の毛並みのオス犬『ヒューゴ』は仲良しでいつも一緒です。

この日はイサが肛門腺の手術の為、麻酔を打ち動けなくなりましたが、ヒューゴがイサに寄り添いました。

Dog Supporting other Dog under Anesthesia

「どうしたの?いつも一緒だからね」

(画像はYouTube:Isa & Hugo Daily Videosより)

麻酔中のイサが動かないで横たわる姿を見て、ヒューゴは興奮状態になりました。そこで、ヒューゴをイサの横に下ろすと、ヒューゴはイサの首に顔を置き、慰めるように寄り添いました。


(画像はYouTube:Isa & Hugo Daily Videosより)

イサの首に顔を埋めるヒューゴです。心配そうに寄り添う姿に心打たれます…。
手術は無事に終わり、イサはその後元気になったとのことです。

しかし、この手術の後しばらく経ち、ヒューゴは2歳という若さで今年の10月20日に亡くなってしまったそうです。イサとヒューゴはInstagramでも人気のスターでしたからファンからも悲しみの声が続々と寄せられました。


・ヒューゴは可愛くて優しい犬だわ。きっと今頃、虹の橋を駆け回っているわよ。

・ヒューゴはいつまでも私達の心にいるわ。

・ヒューゴが大好きだったわ。だからうちの庭の石に「ヒューゴ」って名前を付けてみたの。

・なんて可愛い犬達なの。私の心はトロトロよ。

・どちらかが苦しい時に支え合う。素晴らしい愛だね。

・無条件の愛だね。

・ヒューゴは優しい犬だったのにね。残念だわ。

・この動画、泣けるわ。

・素敵な動画をありがとう。ヒューゴはイサの事が本当に好きなのね。

・このチャンネルが好きで良く見てたのに、ヒューゴが亡くなってしまったなんて。悲しすぎる。

・美しいわ。

コメント引用元:YouTube

Youtubeチャンネル『Isa & Hugo Daily Videos』によると、ヒューゴは元々肺が弱く、心筋症を患っていました。最後は心臓発作を起こして亡くなってしまったそうです。

現在イサとヒューゴのInstagramでは、イサの可愛い様子がアップされています。なんとなくイサの表情は悲しげに見えます。しかし、きっとヒューゴはイサの事をずっと見守ってくれているはずです。