3度も飼い主が変わってきたインコが一緒に年を重ねていけるパートナーを得た。幸せになったインコの日常


まるでチューをしているかのようなインコと飼い主さん。
恋人同士のように、とても仲良しですね。

インコの名前はベロー(Bello)。
現在の飼い主さんに出会う前に、すでに3度も飼い主さんが変わっているのです。

3度も一緒にいる相手が変わったことでトラウマを抱えていたベローですが、素晴らしい飼い主さんと出会い、心を開き、毎日幸せそうに暮らしています。

飼い主さんと仲良く暮らすベローの日常を見てみましょう!

Loyal Parrot Is His Mom’s Lifetime Companion | The Dodo Soulmates

一緒に年を重ねていこうね!

二人の日常は、ベッドの上から始まります。

ベローは朝起きると飼い主さんのベッドルームまで飛んでいきます。
飼い主さんが起きるまでそこで待ち、飼い主さんが起きると優しく撫でてもらいます。


1日2〜3時間は歌うベロー。
オペラを学んでからは、抑揚をつけてオペラのようにとても綺麗に歌います。


二人は旅行に行くときも、いつも一緒。

飼い主さんのInstagramには、モレーン湖というカナダのとても美しい湖や、絶景スポットとして人気のノックス・マウンテン・パーク(上画像)、一面広がる菜の花畑など、様々な旅先でのベローとの写真や動画が沢山公開されています。

「ペットはゲージの中に入れて飼うものではないと思います。彼らにはいろんな刺激が必要だと思います。」

と飼い主さんは話します。


3度も家を転々としたことから、トラウマを抱えていたベローですが、飼い主さんに少しずつ心を開くようになったそうです。

飼い主さんは家で仕事をしているため、一緒に過ごす時間がとても長いとのこと。
そのおかげで、ベローは飼い主さんのことを信じるようになったそうです。

二人はすでに8年も一緒にいますが、大型のインコは寿命がとても長いので、これからもまだまだ幸せな時間は続くことでしょう。

ようやく一緒に年を重ねていけるパートナーを得たベロー。
素晴らしい飼い主さんに巡り会えて本当に良かったですね!


海外の人々の反応を見てみましょう!

・私はすべての動物がそのような思いやりと敬意を持って扱われている世界に住みたいです。

・ベローは多くのことを経験してきたけど、非常に忍耐強く、心優しく思いやりのある飼い主を見つけることができたという事実は、人類に対する私の信仰を高めます。

・彼は私たちよりも良い人生を送っている気がする!彼はペットではなくて、もはや家族だね。

・なんて可愛いの!そしてとても頭がいい!彼は飛ぶことのできる犬のようね!

・6年も鳥を飼っているけど、一度も触らせてくれない。

・私も鳥を飼っているけど、ゲージの中には入れてないよ!

・鳥は好きじゃないけど、これは信じられないほどいい話。

・彼は私なんかよりもよっぽどいいビブラードが出せる!

・私の鳥も毎朝ベッドまで飛んでくるよ!

・もう一度インコを飼いたくなりました!いつも私のそばにいてくれた親友が恋しい!

コメント引用元・・・YouTube

(10月26日)3度も捨てられたと書いていた箇所を、3度も飼い主が変わってに修正いたしました。