これが伝説の「文鳥サーフィン」焦った文鳥さんがおかしなことに


千葉県富津市にあるぶんちょう不動産の文鳥社員、レイ君。先日2代目社「鳥」として無事にデビューも果たし、活躍が期待されています。

白くて美しい若鳥でイメージ戦略もばっちりのはずが、文鳥社員のベル嬢に背に乗られるというトラブルに見舞われたレイ君。慌てふためくその姿は、人間社長様によると「文鳥サーフィン」と呼ばれる現象だそうです。

水浴びは、順番に

文鳥さんを社鳥、社員に擁するぶんちょう不動産さん。千葉県富津市の不動産屋さんです。最近2代目社鳥に就任したレイ君は、とても綺麗な若鳥で将来を嘱望されています。

そんなレイ君と文鳥社員のベル嬢の、プライベートのお時間でしょうか。水浴びの用意がされています。


水浴びに入ったレイ君の背中にベル嬢が! ベル嬢を押しのける感じで水入れに入ったレイ君に不満だったのかも知れません。


焦ったレイ社鳥、「キャルルルル」と声にならない声を上げて退散します。退散したつもりが、優雅に寛ぐベル嬢を乗せたままなので、滑稽な図になってしまいました。

・おんぶ?

・【ぶんちょう不動産】文鳥サーフィンです。

・ずっと乗っけたまま行ったーーーそりゃキャルルルよねぇ。

・【ぶんちょう不動産】キャルル聞こえるのはたぶん波の音です(笑)


ぶんちょう不動産の所在地は富津市。海に近くてサーフィンもできる土地柄なためか、鳥までサーフィンしてしまうのでしょうか。


・怒る声もカワユイ、笑。でもν社長、とんだ目にあいましたね。

・【ぶんちょう不動産】火事場の文鳥パワーはなかなかのようです。

・文鳥はお構いなしですからねー。そこがカワイイところでもあるのですが、、、。

・【ぶんちょう不動産】普段の行動からはどっちもどっちな感じですよ。楽しくやってます♪

レイ社鳥も、サーフィンを嗜んでいるというご説明が、Twitterのコメント欄で人間社長様より与えられました。

せっかく楽しみにしていた水浴びが残念な結果になってしまったレイ社鳥ですが、次は順番待ちが上手く行くといいですね! でも、レイ君とベル嬢でサーフィン姿のポスターなんかを作ってくれても、可愛くて素敵だと思います♪

最新情報をチェックしよう!