おでこに尻尾のある子犬が保護され話題に(アメリカ)


アメリカ、ミズーリ州の動物愛護団体Mac’s Mission。

そこにやってきた子犬のナワル君は、そのユニークな魅力のおかげで話題となり、すっかり世界の有名犬になりました。

ナワル君の魅力、そして彼を取り巻く人々の気持ちをご紹介したいと思います。

Rescue puppy named Narwhal has a tail on his forehead and is ‘perfectly healthy’

「普通じゃない」けどそれだって魅力のひとつ

(画像はYouTube:Good Morning Americaより)

あれ、ナワル君のおでこからなんか生えてるよ。
前髪みたいだけど、ちっちゃいしっぽがある!


(画像はYouTube:Good Morning Americaより)

獣医さんに見てもらったら、おでこのしっぽ以外は至って健康なナワル君。

保護団体のフェイスブックによると、ナワル君は他の犬と一緒に保護されたとき、足に怪我を負っていたそうですが、すっかり良くなったようですね。

おでこの尻尾については切除なども行わず、そのまま経過をみるとのこと。


(画像はYouTube:Good Morning Americaより)

身体つきもしっかりしてるし、元気で明るく、とっても利発なんですって。
施設員さんいわく、「普通じゃないところが完璧なところなのよ。」


(画像はYouTube:Good Morning Americaより)

全米に紹介されるやいなや、問い合わせはうなぎのぼりの7,000件。
そのほとんどが里親希望だとか。

フェイスブックでのやり取りでは他のユーザーから、おでこの尻尾が有害なものでないのなら手術でとってしまうようなことはしないで欲しいという要望もありました。

Mac’s Missionはこういった特殊なケースの犬たちも保護しており、ナワル君が注目されることで『他とはちょっと違うけど家族が必要なペットたち』について認識が広まってくれたら・・・と願っているそうです。


(画像はYouTube:Good Morning Americaより)

世界中から寄せられたコメントにも、ナワル君の魅力だけでなく、保護ペットを減らそうという呼びかけや、商用目的のブリーディングを警戒する声があがりました。

里親探しは、おでこの尻尾の経過をもう少し見てからというナワル君。
幸せなお家が見つかりますように!


世界の人々の反応を見てみましょう

・ナワル君を引き取る1人以外の6999人は、シェルターで別の犬を引き取れるわ。待機ペットを減らしましょう。

・すっごく可愛い。こんなに有名にならなければ私が引き取りたかったわ。

・シェルターには何千という保護ペットがいるというのに、おでこにしっぽが生えてるからって「私もほしい!」なんて…

・ナワル君が商機目的で貰おうとするような輩に連れて行かれませんように。

・その7000人がナワル君以外の犬を引き取ってくれるように祈ってる。

・この動画見てたらおでこがめっちゃ痒くなってきた…

・この犬、ツイッターで見かけたわ。かわいい!

・ミズーリには大きなパピーミルがあるから、そこで生まれた奇形じゃないかと思う。

・ユニコーンみたいでステキ!

コメント引用元:YouTube

動物愛護団体Mac’s Missionのフェイスブックではナワル君の可愛い動画が公開されていました。この団体では募金キャンペーンもおこなっているので、興味のある方は是非ご覧ください。

Just another video of our narwhal the magical fuzzy unicorn puppy because we think he is amazing. (We are not accepting applications for him right now until we are very certain his unicorn horn is not going to have a growth spurt and become an issue) (no it does not wag) (yes he is keeping it) (yes he is amazingly awesome!!) Love,MacKeeperOfTheUnicorns

Mac the pitbullさんの投稿 2019年11月13日水曜日