マラミュートとおままごと♪ 楽しそうな女の子とジト目の犬の対比がおかしい


嬉しそうに様々なフルーツのオモチャを御給仕してくれる女の子に、興味なさげにジト目で見上げるアラスカン・マラミュート。動物を飼っている家庭なら犬に限らずあり得そうな、子供の相手をさせられるペットの典型とも言える動画がRumble Viralに公開されました。

マラミュートのデュード君の溜息も聞こえてきそうな、可愛らしくもちょっと可笑しい動画をご覧ください。

Cute little girl serves play kitchen food to patient Alaskan Malamute

デュード、お昼ご飯ですよ~♪

(画像はYouTube:Rumble Viralより)

床に寝そべり、おくつろぎ中のアラスカン・マラミュートのデュード君。ボーっと一人時間を過ごしていたい風情ですが、まわりに散らばるオモチャから見て、ここは子供部屋のようです。

果たして、果物のオモチャを手にした小さな女の子が目の前にしゃがみ込みます。「リンゴをどうぞ」、「ブドウをどうぞ」、「サンドウィッチをどうぞ」と鼻先に置いていきました。どうやらおままごとの相手にされてしまったようです。


(画像はYouTube:Rumble Viralより)

全く反応しないデュード君にはお構いなしに、おままごとのテンションが上がっていく女の子。デュードにもっと食べ物あげるの、と立ち上がります。とても可愛いですね。デュード君は相変わらずじーっとしていますが。


(画像はYouTube:Rumble Viralより)

おままごとキッチンを探り、まず手に入れたのは牛乳と青りんごでした。「牛乳食べてね!」と、言葉が間違っているのもあどけなく、微笑ましい姿です。

再度棚から運ぼうとするフルーツに関しては、「それはやめた方が良いんじゃない?」と声がかかります。ですが、女の子は聞き入れません。選択中にブロッコリーらしきものは後ろに捨てていましたし、自分の好きなものをいっぱい提供したいのでしょう。


(画像はYouTube:Rumble Viralより)

取ってきた洋ナシやオレンジを並べるようとすると、大きすぎてバランスを崩し、デュード君の鼻先にぶつけてしまいます。デュード君は少し顔をしかめ、その後は低く唸っていました。

デュード君の気も知らず、明るく「お昼ご飯の時間ですよ~」と軽やかに告げる女の子は、その後もおままごと道具を探していたようです。デュード君、よく頑張りました(笑)

海外の人々の反応を見てみましょう

・「もしこの子のご機嫌を取らなかったら、僕の食べ物が与えられなくなるんだ。落ち着け、自分」って、きっとこの犬は思ってた。

・この犬、飼い主に対して大きな貸しができたと思ってるね。

・この犬がお腹が空いてなかったとしたら?

・なんてお利口な犬だろう、辛抱強くこの子の相手をして。

・わぁ、可愛い!

・助けて、ママ…