動くオモチャvsゴールデンレトリーバー。怖いけど遊びたい!困惑したリアクションにほっこり!


アメリカのミシガン州に住むリンダさんが配信する人気Youtubeチャンネル、Tucker Budzyn。ゴールデンレトリーバーのタッカーのリアクションやチャレンジ動画など、様々なコンテンツをアップし、世界中のファンを楽しませてくれています。

このチャンネルの魅力の一つが、リンダさんによるタッカーの心の声の翻訳。タッカーの可愛くて面白いリアクションと、ユニークな心の声がピッタリマッチしてて、まさにタッカーの本当の声を聞いているような感覚です。

今回はリンダさんがタッカーに二匹の新しい”友達”を紹介します。いつもとは違う少し変わった”友達”へのタッカーの困惑気味のリアクションをご覧ください♪

My Dog Reacts to Giant Mouse


新しい友達??早く会わせてよ!!!

(画像はYouTube:Tucker Budzyn

遊ぶ相手がいないのでしょうか、退屈そうにしているタッカーに、「一緒に遊べる友達を連れて来ようか?」とリンダさん。「うん!」と食いつくタッカー。オモチャを目にする前に期待で胸が膨らんでいるようです!

そんなタッカーに「ちょっといつもと違う友達だけど…」とリンダさんが差し出したのは青虫のオモチャ。一瞬戸惑いますが、まずは匂いをクンクンクン…すぐに興味が湧いてきて、早く遊びたくて我慢出来ない様子です。


(画像はYouTube:Tucker Budzyn

「これはキャタピラー(青虫)よ」と紹介するリンダさんに「キャットプーパー??」とタッカー。聞いたことのない単語と見たことのない物体に、困惑の色が隠しきれていません。

「おい待てよ、友達になってくれよ」と追いかけますが、「知らなーい」とでも言うように机の下に移動する青虫は、さらに「きみ太り過ぎじゃない?」と毒を吐きます。「なんだって?」とお怒りのタッカーは「くたばれ!」と青虫を一撃。

ひっくり返ってしまった青虫を見て「死んじゃった?これは事故だよ。お願い、彼を助けて上げて」と一転、優しさを覗かせるタッカーの表情がなんともキュートです。


(画像はYouTube:Tucker Budzyn

リンダさんが青虫を救出し、またタッカーの前に連れて来ますが、もうこの時点でタッカーには青虫が食べ物にしか見えていない様子です。

「青虫が欲しい?」と聞くリンダさんに、「お願い!ちょうだい!一口だけ!」とおねだりが止まりません。たまらず「僕の物!」とガブッと一噛み!

最終的に青虫を思い通りに自分のものにしたタッカーの神々しいほどの勝利のポーズ(笑) 「僕は”キャッタプープ”を手に入れた」と大満足です!!おめでとう!タッカー!


(画像はYouTube:Tucker Budzyn

次にリンダさんが連れてきたのはネズミ。「これはマウス(ネズミ)よ」と言われて「これはいったい?ムース?」とまたまたナイスな間違いをするタッカー。

ちょこまかと奇妙な動きをするネズミがもう気になって気になって仕方ない様子。


(画像はYouTube:Tucker Budzyn

攻撃的に向かってくるネズミに対し、「やるのか?」「ボクを試してるのか?このずんぐりむっくりなムースめ!」「お前にやられてたまるか!」と戦闘モード全開のタッカー。

ネズミの攻防にも「お前にボクを倒すことはできないよ!」と強気の姿勢です。「来いよ!やってやるぜ」とネズミをクンクン、「ベッドからおりろ、臭いんだから」「ゴキブリよりもひどい匂いだな」と言いたい放題です(笑)


(画像はYouTube:Tucker Budzyn

それでもしつこく追いかけ回してくるネズミに「分かったよ、諦めた!」と疲れはててしまったタッカー。

「ポンポンって撫でてほしい?」と歩み寄るもまた攻められてしまいます。「いいからポンポンさせろよ」というタッカーに対し「触るな!」とネズミ。

「ボクはお前をポンポンしないといけないんだ!」と、ここまで来たら意地でも”ポンポン”してあげたいタッカーのボルテージは再び上昇。しつこくネズミを鼻でポンポン攻撃!


(画像はYouTube:Tucker Budzyn

タッカーのポンポン攻撃が嫌すぎたのか、逃げたネズミはベッドの下へと落ちてしまいます。ベッドの下を覗き込むシワシワの顔がたまらなく可愛い!!

突然の敵のピンチに「あららら…大丈夫?」「助けに行かなくっちゃ」と、最終的には本来の優しさを隠しきれないタッカーでした。


(画像はYouTube:Tucker Budzyn

最後のおまけ部分では、ベッドの上を後ろ向きにグルグルと動き回るネズミに対し、「おいおい、ボケちゃったのかい?」困惑した表情で見つめ続けるタッカーなのでした(笑)

ネズミを操っているのはリンダさんなんだと分かりつつも、絶妙な”心の声”の翻訳のおかげで、まるで本当にタッカーたちの気持ちが伝わてくるような楽しい動画ですよね!

新しい友達(オモチャ)へのタッカーのリアクションと、オモチャにまで”心の声”をつけるリンダさんの遊び心にほっこりさせていただきました。


海外の人々の反応を見てみましょう

・私の弟はタッカーを見るといつも笑ってるわ。

・ゆっくり座りながら彼の美しさを崇めようじゃないか。

・私の犬だったらすぐにオモチャだと判断して噛んでしまうでしょうね😂

リンダ:新しいお友達が欲しい? :もう彼にはたくさん友達がいるでしょ タッカー:そのとおり!

・ネズミに対するタッカーのリアクションは私の数学のテストへのそれと一緒「これはいったい?」てね。

・私のゴールデンレトリーバーの子犬、ルナはタッカーが大好きで吠える声を聞くとすごく興奮しちゃうのよ。大好きよ、ゴールデンのお友達さん。

:朝起きて何をしようか迷う。 タッカー:動画あげたよ。

・胸の毛並みがとってもキレイね。

・「ずんぐりむっくりのムース…」😂聞いたこともないかわいいフレーズだけど、こんなの思いつくなんて天才ね🥰みんな安全にね♡

・自分のことより人のことを愛せる動物はこの地球上で犬だけ。

コメント引用元:YouTube