好奇心旺盛な雌のホホジロザメが珍しいパフォーマンス…?真っ白なお腹が見えた瞬間!


ポートリンカーン市は、船に併設されたケージの中から、ホホジロザメを観察するケージダイビングが楽しめるオーストラリア唯一の場所。

地元のチャーター運航会社カリプソ・スター・チャーターズが、10月の初めに今シーズン最初のケージダイビングツアーを開催しました。

この日は、アシカと一緒に泳ぐ素晴らしいツアーとなり、途中、4頭のサメも姿を見せました。

その中の好奇心旺盛な雌のサメが背泳ぎを見せてくれたとのこと。
参加した乗客が捕らえた珍しい瞬間をご覧ください。

「あんなことするサメを見るのは初めてだよ。」

(画像はInstagram:calypsostarchartersより)

巨大なホホジロザメの登場に驚いた乗客たち。

「あれって普通なの?」と誰かが尋ねると、
「いいや」と別の声が答えます。
「あんなことするサメを見るのは初めてだよ。」と言う呟きも聞こえます。


(画像はInstagram:calypsostarchartersより)

Instagramのコメント欄でカリプソ・スター・チャーターズの方が解説していますが、水面に顔を出したまま垂直に体を立てる「スパイホッピング」と呼ばれる行動は、周囲の状況や獲物を確認するためのよくある仕草だと言うことです。

もう一つ、ホホジロザメだけに確認される「repeatitive aerial gaping」と呼ばれる特徴的な口の開閉行動があり、獲物を取り逃したときにイライラしたホホジロザメが、横向きや裏返しになりながらこの動きを見せることが研究者たちの間で知られているようです。


(画像はInstagram:calypsostarchartersより)

カナダとアメリカのラジオ局が運営するニュースサイトQ107の記事によると、カリプソ・スター・チャーターズの船のキャプテンデイヴ・クレイフィールドさんも、このようなサメの行動は今まで見たことがないとのこと。

動画を撮影したのはケージダイビングに参加したイギリス人女性ウェンディ・ボーワーリーチさん。彼女は、「この珍しい光景を撮影できてラッキーだわ。」と語っているそうです。

しかしサメの方からすれば、すぐそこに見えている獲物を逃してアンラッキーだったのかもしれません…。


海外の人々の反応を見てみましょう!

・涙が出る😩😰

・背泳ぎしてて楽しそうに見える。あはは。

・信じられない。めっちゃ幸せそう。ははははは。

・私、ドアポストで背中を掻こうとしてるとこ。

・背泳ぎだ!!

・こうすると浮かんでおくための空気を吸えるのかな?シロワニって種類のサメも浮き袋をもたないから、省エネのために一時的に同じようなことをする。もしこれが滅多に見られない行動だとしたら、ぼくの予想は間違いなんだけど。何しろすごい光景だね。

(カリプソ・スター・チャーターズによる返信)
・こんにちは。偵察しようとスパイホッピングして跳び回るうちに、うっかりひっくりがえって建て直したという感じに見えました。この日は何度も水面に姿を現して様子を伺っていました。

コメント引用元 : instagram