心はいつまでも子犬ちゃん!超大型犬種ニューファンドランドの愛が”重い”


子犬から育てたワンちゃんと、飼い主との絆は格別なものです。いつまでも自分を愛し、甘えてきてくれるワンちゃんには愛情もひとしお。

今回のリトアニア、ウクメルゲのDogs Landさんからの動画では、超大型犬種ニューファンドランドが飼い主さんに抱きついてきて幸せそうな図ではあるのですが、華奢な女性にその愛は”重い”かも知れません。優し気なニューファンドランドの期待を裏切らない可愛らしい姿を、ご覧ください。

Newfoundland dog thinks he’s a tiny lap dog and wants to cuddle

ママ、ママ、あのね…

(画像はYouTube:Dogs Lаndより)

リトアニアのウクメルゲという町で、ニューファンドランドを飼育していらっしゃるこちらのお宅。芝生の広がるお庭が素敵です。

そんなお庭で飼い主さんとニューファンドランドが何やらお話ししています。しっかり目を見つめて話しかけてくるワンちゃん、可愛いですね。白い歯がはっきり見える喋り方にも愛嬌があります。


(画像はYouTube:Dogs Lаndより)

クルっと回り込んで、アピールしています。飼い主さんはちゃんと分っているのでしょう、ここに乗る?と促すように膝上を叩いて示します。


(画像はYouTube:Dogs Lаndより)

もちろん!という様子で、そのまま”ずい、ずいッ”と上に伸びあがり、飼い主さんに抱きつくワンちゃん。

その瞬間に、もう一頭のニューファンドランドもやって来ました。ウロウロと周りをまわっています。一人だけ!ズルい!という心の叫びが聞こえてきそうです。


(画像はYouTube:Dogs Lаndより)

超大型犬種のニューファンドランドに抱きつかれ、動きを抑えられている飼い主さんにはもう一頭のワンちゃんは見えないのか、抱きついているワンちゃんを可愛がり続けます。ワンちゃんは至福の表情を浮かべています。


(画像はYouTube:Dogs Lаndより)

その後もぺちゃ~っとくっついて、本当に子どもみたいなニューファンドランドです。いっぱい構ってもらって愛情を充電中でしょうか。

お仲間のニューファンドランドも諦めきれないのか、さりげなく横切っていきます。とても優しそうな飼い主さんですから、順番になればきっとこの子のこともたっぷり可愛がってくれることでしょう。

この動画のタイトルには「まだ自分のことを膝に乗れる子犬だと思っているニューファンドランド」とありましたが、甘えん坊具合はたしかに子犬のように可愛らしいです。すり寄ってきて見つめる目や表情なども、子犬時代と変わっていないのでしょうね。

ちなみにニューファンドランドの雄の平均体重は68㎏だそうです。クマさんみたいな見た目にしては重くないかも知れませんが、勢いよく来られたら衝撃は大きそうですね!

どこに行っても人気者で、みんなに触らせてあげているという優しいDogs Landさんのニューファンドランド。自分だって可愛がられたい、プライベートの姿にほっこりしました。

海外の人々の反応を見てみましょう

・愛に溢れた、大きな赤ちゃんね。

・でも、この子はあなたのことが大好きな、膝に乗れる子犬ちゃんだから。愛情が75㎏なだけで。

・ニューファンドランドは最高の犬種だよ。飼い主を愛することしか知らない。

・これほどの無償の愛が溢れていることに、温かな嫉妬を感じてしまう。

純粋な愛を見出すのは、犬の瞳の中だけだ。

・ニューファンドランドは常にハグが必要な素晴らしい子犬です。

・こんにちは! とっても可愛いわね、小さな犬でも大きな犬でも。犬を撫でてあげていると気持ちが明るくなるわよね。サウス・ウェールズのリンより。お気をつけて暮らしてくださいね。

・どこで買ったのか教えて下さい。私も飼いたいんです。

・なんて素敵なハグ! もうニューファンドランド犬は好きになれないと思っていた矢先に! インスタグラム、してます?

↑飼い主さん:このチャンネルにFacebookとInstagramのリンクがありますよ。

コメント引用元:YouTube