新入り子猫がやってきた!新参者に厳しい孤高の白猫が時折見せるほっこりな姿


トルコからのYouTubeチャンネル「walter santi」に登場する、茶トラのインディと白猫のサンティ。ボール遊びが大好きでゴールキーパー猫の異名を取る元気いっぱいのインディの方が年が若く、ウォルター・サンティ家の一員としても新参者です。

一人でいるのが好きなサンティに受け入れられていない様子のインディの姿はよく撮影されています。そんな2匹だからこそ、時折見せる同居猫としての絆に嬉しくなってしまうんですよね。

2匹の出会いから素敵な瞬間が目撃されるまでを時系列に沿って見せていただきましょう。

New Kitten Trying to Win The Older Cat’s Heart


私はひとりでいるのが好きなの!

(画像はYouTube:walter santiより)

白猫のサンティが自由に暮らすトルコのお宅に、茶トラの子猫がやって来ました。名前はインディ 。小さくて元気いっぱいで、先住猫のサンティにも興味津々で近付くのですが、あまり相手にしてもらえません。

サンティの乗っている台に自分も乗ろうとしたら、電光石火で跳ねのけられてしまいました。生来の気質なのかインディに限らず、近くに来られることを嫌がる猫なのだそうです。


(画像はYouTube:walter santiより)

諦めきれずにサンティの方を見上げるインディに…


(画像はYouTube:walter santiより)

「へへん」と余裕で見下ろすサンティ。先住猫の格を見せつけているかのようです。


(画像はYouTube:walter santiより)

大きなソファなのに一緒に座ることは許してもらえず、一人ぼっちのインディです。小ささが際立ち、同情を誘います。


(画像はYouTube:walter santiより)

そんなサンティとインディも、だんだん距離が縮まってきました。サンティが観念しただけのようにも見えますが、同じソファにいられるようになり、最後には手の届く距離で隣り合って座る姿も見られるように!


(画像はYouTube:walter santiより)

お引越しをしたら各自にお気に入りの場所ができたようで、居場所的には振出しに戻ってしまった2匹です。インディも成長して自分の縄張りが欲しい年ごろになっていたのでしょう、と飼い主さんのキャプションが入っています。

でも、そんな2匹の関係は同じ家の中にいながら疎遠になったわけではありません。


(画像はYouTube:walter santiより)

大荒れの雷雨の日には、この光景が見られるそうです。普通に寛いでいるように見えて、内心はビクビクしてるのかと思うと、可愛いですね!

サンティもなんだかんだ言って同居猫がいて良かったんじゃないの?といじわるな質問をしてみたくなります。ちなみに、飼い主さんのキャプションには「念願の接触」とありますので、相変わらず日常の距離は縮まっていないようです。

飼い主さんは、すり寄っていくのはどちらの猫の方なのか分からないそうです。「でも、結果には満足しています」とのことで、確かにその通りですね。べったりと一緒にいなくても必要な時には側にいるという関係は、考えてみれば、なかなか得難いものです。ちょっぴりクールな良い関係は、落ち着くところに落ち着いた感じで、こんな繋がり方もまた素敵なものだと思わされたのでした。


海外の人々の反応を見てみましょう

・【飼い主さん】さて、皆さん、動画の最後に自分のソファを下りて相手のソファに移動したのはどちらの猫だと思いますか?

 ↑サンティかな。インディみたいに小さいソファが好きなようには見えないから。

 ↑サンティの顔は、怒っているように見える。しぶしぶ、って感じ。

 ↑インディだと思う。でも、控えめに言っても、猫って予測不可能だから。

・インディって本当にいい子だなぁ。そして、素晴らしいゴールキーパー!

・お尻とお尻をくっつけて…いいね! 近いけれど近付き過ぎず。可愛い! 音楽もいい! 今日もこんな動画が観たかったんだ。ありがとう!

・インディがあんなに小さかったなんて!

・毎日これくらいの可愛さ成分が必要だよ。

・嵐のおかげで仲良し、というのはペット界ではよくあるんだろうな。いい動画だったよ!

コメント引用元:YouTube