美味しそうなチキンの誘惑!ゴールデンレトリバーのタッカー君は飼い主さんの「待て」を守ることができるかな?


ゴールデンレトリーバーのタッカー君と飼い主リンダさんとのやりとりが面白いと人気のYouTubeチャンネル、Tucker Budzyn

今回はオーブンでこんがり焼かれたとっても美味しそうなチキンを目の前にして、タッカー君はリンダさんの指示を守ることができるのか、というなかなか食いしん坊なワンちゃんには厳しいチャレンジをおこなうことに。

人間の嗅覚よりも1000倍〜1億倍とも言われている犬の嗅覚。このチキンの誘惑は、計り知れません!!果たしてタッカー君はリンダさんの指示を守ることができるのでしょうか?動画を見てみましょう!

Leaving My Dog Alone with a Whole Chicken

目を合わせないようにしなきゃ!

(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

オーブンがピーッピーッと鳴ります。いち早く、こんがりと焼けたチキンの匂いを嗅ぎつけたタッカー君。

「なんてこった!」とすぐさま、匂いのするキッチンに駆けつけます!


(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

こんがり焼けた美味しそうなチキンとご対面〜♪ 嗅覚の優れたワンちゃん達にとって、この匂いはたまらないでしょうね。

クンクンと近づいてみるタッカー君。すかさず、「触っちゃダメよ!」とリンダさんに注意されます。器がとても熱いので鼻が触れでもしたら大変です。

「僕はお利口さんなんだけどな」とちゃんとリンダさんの言うことを聞くタッカー君。偉いですねー。全ては、美味しいチキンのために!!


(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

テーブルに運ばれたチキンと早くお近づきになりたいタッカー君。しかし、ここでもリンダさんに「これはあなたのものじゃないのよ!」と注意を受けます。

これには、「いいえ、それは僕のものですよ」と心でつぶやくタッカー君。リンダさんが、フォークとナイフでチキンに切り込みを入れ始めたところ、携帯が鳴ります。


(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

「今、僕たちは忙しいんだから」と電話を早く切ってほしいタッカー君の願いも叶わず、リンダさんは携帯を持ったまま退出します。

「チキンには触れちゃダメだからね!」と強めに指示するリンダさん。退出する際、再度「触れちゃダメだからね!待っててよ!」念押しします。

「触れないよ!僕は凍ったように動かないよ!」とリンダさんの指示をしっかり守ろうとするタッカー君。偉いですね!


(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

しかし、あまりにもチキンの誘惑が強烈なため、タッカー君は、チキンとアイコンタクトを取らないようにと、この表情。誘惑に負けないように頑張る彼の姿はとても健気で愛くるしいですね!

それにしてもリンダさんの戻りが遅いと困惑気味なタッカー君。

「多分、トイレで大きい方をしているのかも」
「トイレに落っこちてしまったのかも」と考え始めます。


(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

先ほどよりも、少しチキンとの距離を縮めたタッカー君ですが、ちゃんとリンダさんの戻りを待ちます。

この状況がいつまで続くのかと不安と困惑の表情が伺えますね。


(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

そんな中、リンダさんカンバックです!!!

やっと戻ってきたリンダさんをお出迎えするタッカー君。「いい子ね〜!」と褒めてもらえましたが、そんなことより今はチキンです。

リンダさんに早く食べようよ!と視線で訴えかけます。


(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

やっと、チキンを頂けたタッカー君!嬉しそうですが、もっと欲しくて堪らない様子。

「大きいやつあるけど、まだ熱いから、フーフーしてあげるね」とリンダさんが優しさを見せます。しかし、熱くてもいいから早く頂戴と喉から手が出そうな勢いのタッカー君。

我慢できず食べようと口を近づけますが、リンダさんにすかさず「待て」と言われてしまいます。けれど、今度の「待て」は前回とは違い、すぐにご褒美を頂けました!!この調子で沢山食べられる~と思いきや…


(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

チキンがお皿にたくさん残った状態で、リンダさんが再び退出です。

「ナプキンを取ってくるね!すぐ戻るから、触っちゃダメよ!」と「待て」の指示が出されてしまいました。

「また、行っちゃうの?」とタッカー君。不満げです。

先ほどは、チキンの美味しさを知らずにいたから待てましたが、今は先ほどとは状況が違います。美味しいチキンの味を知ってしまったからこそ、先ほどよりも酷な”待て”です。

タッカー君はリンダさんが退出したのを確認しに行くと、再びチキンに近づきます。


(画像はYouTube:Tucker Budzynより)

そして、躊躇いもなく食べちゃいました!

「めっちゃ美味しい!」と、リンダさんの指示を完全に忘れてムシャクシャチキンを頬張ります。こうなったら、もう止まりませんよね!

戻ってきたリンダさん。

「何してるの〜!!??ナプキンを取ってくると言ったじゃない!」
「だってお腹空いてたんだもん」

あまり反省の様子もなく食べ続けるタッカー君でした。

最後は、リンダさんの指示を守れず食べてしまいましたが、最初はちゃんと彼女の帰りを待っていたタッカー君はとても偉かったですね!タッカー君のお利口なところと、お茶目なところが両方見られる可愛らしい動画でした!

海外の人々の反応を見てみましょう!

・タッカーは初めはちゃんと我慢強く待っていたけど、最後は「やだ、今回は待たないよ」とはっきりしていた。

・タッカーは長い間待てていたから、チキンを食べるべきよ。

・もし私の犬に同じことをしたら、私が立ち去る前に食べてしまうだろう。

・タッカーがチキンを見ようともしなかった姿が、大好き!

・タッカーが最後は、言いつけを守れなかったのがウケる!

・これは、とっても可愛い!しかし、調理された鳥の骨は犬にとってはとても危険です。

・私もゴールデンレトリバーが欲しいけど、両親が許してくれません。

・犬は、調理された骨を食べると死ぬこともあるよ。

・あなたはよく調教されたレトリバーを飼っていますね、最後の部分は気にしないで😂😂彼はよくやったわ!そしてハンサムね。

コメント引用元:YouTube

海外の人々のコメントにもありましたが、調理された鳥の骨などを犬に与えるのは大変危険なことです。噛み砕いた骨を飲み込んでしまうと喉に引っかかったり、胃や食道に刺さることもあり、最悪の場合、死に至るケースもあるようです。鶏肉の骨を愛犬に与える際は、十分にお気をつけください。