興味津々! 滑って転んでしまっても氷への興味が抑えられない子犬が可愛い


オランダの生後半年の子犬、シーム君が初めて氷とご対面。頑張って足を踏み入れるものの、予想外のツルツル加減に大苦戦してしまいます。まるでそんな芸を覚えていたかのように、見事にひっくり返ってしまうのですが、それはむしろ、シーム君の氷への意欲を掻き立てるものだったようです。

純真な姿は、ずっと見守っていたい可愛らしさです。YouTubeの投稿動画の紹介サイト、RM Videosよりご覧ください。

Dog Slips and Rolls on Ground After Slipping Over Icy Path – 1170927

これは何だろう? 気になってしょうがない!

(画像はYouTube:RM Videosより)

こちらのスラッとして素敵なワンちゃんは、オランダに住むシーム君。6ヶ月の子犬です。

動画の投稿日は2021日1月18日ですので、シーム君にとっては初めて迎える冬になりますね。そして、この動画を撮影した時、初めて氷に触れたそうです。

地面の一部を様変わりさせている氷に、シーム君は不審顔。矯めつ眇めつしながら、飼い主さんの方を覗き込むのがいじらしいですね。ただの氷だよ、大丈夫、と励ましたくなります。


(画像はYouTube:RM Videosより)

逡巡した後、シーム君は意を決したように氷の一角に足を踏み入れました。


(画像はYouTube:RM Videosより)

シーム君、前足も後ろ脚も、しっかり氷の上に乗せてしまったようです。鏡面のような氷の上で、気付いた時には収拾がつかず、でんぐり返しのように一回転してしまいました。


(画像はYouTube:RM Videosより)

後ろ歩きの方が、まだコントロールが利くのでしょうか? 後ろ歩きで氷から脱出を果たしました。


(画像はYouTube:RM Videosより)

不思議な現象を起こした氷に興味が尽きないシーム君。最初は後ろ足を地面に残して、前足で氷を探っていましたが、だんだん前のめりになっていますね。もう一回ひっくり返ってしまわないといいのですが、なんとなくこの後、もう一回ぐらい失敗しそうな予感がします(笑)

今年の冬は日本も雪が多く、初めての大雪を楽しんだお子さんも多かったことでしょう。シーム君や子ども達のように、初めて見るものにワクワクする気持ちや新しいことに挑戦する気持ちを、大人になっても大事にしたいものです。

海外の人々の反応を見てみましょう

・哀れなワンコは「な、なんだ、この訳の分からないものは⁉」って様子だね。

 ↑アッハッハッハ。うちの犬が氷に遭遇したら、どんな風になるか想像できるようだな。

・「あ~ぁ、カッコ悪かったな…誰にも撮られてませんように」

・犬の様子はまるで「どんな魔法だ?」と言っているようだ。

・犬の気持ち「は? 僕をひっかけようとするわけ? 引っかきの猛攻勢を待ってろよ」

・この犬、ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバーだね。ものすごく好奇心が旺盛で、賢い犬種だ。

・言い伝えによると、その犬は今に至るまで氷の上で滑り続けているということだ。

コメント引用元:YouTube