飼い主さんも想定外の太さ?!猫用ドアを通り抜けられないぽっちゃり猫のゴクウ君

ドアや窓に取り付けるペット用のドアの購入を考えていらっしゃる方は事前のサイズ確認が必須です。アメリカ、テネシー州のニュー・タズウェルという街に暮らす、ぽっちゃり猫のゴクウくん。飼い主さんが購入した猫用ドアを試しに通ってみますが…。

トホホ…な結果にクスッと笑ってしまいます。YouTubeチャンネル『ViralHog』よりご覧ください。

Cat Too Fat To Fit Through Door || ViralHog


★他サイトの話題をご紹介

悲しい現実を突きつけられたゴクウくん

(画像はYouTube:ViralHogより)

猫用ドアに体の半分まで入れたのはいいものの、お腹の真ん中辺りで完全に身動きが取れなくなってしまったゴクウくん。「ねぇ、これサイズ合ってるの?」と不満げな表情を見せております。



(画像はYouTube:ViralHogより)

動けなくなったゴクウくんを飼い主さんが床へと移動させますが、ここでもやはりドアから抜け出せないゴクウくん。


(画像はYouTube:ViralHogより)

「よいしょ〜〜」と、体を拗じらせ頑張るも、なかなか脱出することが出来ません。



(画像はYouTube:ViralHogより)

このままでは危ない!と、飼い主さんは最終手段を取ります。ドアを持ち上げ、ゴクウくんをちょっと強引に救出!「ああ〜やめて〜〜」と声が聞こえてくるようですが、最後はブリンっとお餅のようにドアから抜け出すことが出来たのでした。

サイズ確認をせずにこの猫用ドアを購入したという飼い主さん。実際に取り付ける前にゴクウくんが通れるかどうか試してみたところ、このような結果になったそうです。

ゴクウ君の頭のサイズを考えると、決してこのドアが小さいとは思えないのですが、肉がつきすぎている彼の体では液体のようにすり抜ける猫らしい結果にはならなかったようです。

もう少し大きな猫用ドアをゲットするかダイエットをして、ゴクウくんが家の中と外を自由に行き来できる日が来るといいですね!

海外の人々の反応を見てみましょう

・おぉぉ、もっと病気にならないためにも健康的なおやつを選んであげなきゃね。最後のところで逆さまにされてたのは面白かったわ🤣

・ダイエットを始める時が来たようだね。

・豆知識:痩せてる猫のほうが太ってる猫より2年は長生きするんだよ。

・”デブじゃないよ!骨太なの!”(そんでもってインドアな猫なの!)

・あああ、可愛いデブ猫ちゃん!❤

・可哀想に、太りすぎてるよ。関節が悪くなってるだろうね。

・面白いけど、飼い主としては無責任だね。ちゃんとした食事を与えてないと死んでしまうよ!

・犬用ドアが必要だね

・で、これは誰の責任だい?

・物議を醸すかもだけど、太ってるのはこの猫の責任さ。猫は食べる量を自分でコントロールするものだけど、この子はしてないんだよ。

コメント引用元:YouTube

最新情報をチェックしよう!