風格の漂う座り方でカメラを見つめるワンちゃんが面白い


投稿動画を紹介するYouTubeチャンネル『Rumble Viral』に投稿された、こちらのシーパドゥードル。なぜか人間用の座椅子で堂々と寛いでいます。

撮影者に目を据える、とても貫禄のあるその姿に、人間の方が挨拶をしに行くのが当然の心持ちにもなりますが…果たして我々に何を求めていらっしゃるのでしょうか?

Sheepadoodle thinks he’s the most interesting man in the world

犬「人間よ、近う寄れ」(?)

(画像はYouTube:Rumble Viralより)

シーパドゥードルとは、オールド・イングリッシュ・シープドッグとスタンダード・プードルのミックスのことで、とても大きなワンちゃんです。そう、人間用のカウチに何の問題も無く腰掛けられるくらいに。


・くつろいでるね! 足りないのはオリーブの入ったドッグ・マティーニだけだ!

・堂々たる風体。

・週明け早々、きつかったのか!?

・足のうちの一本でビールを持っていたら完璧。

コメント引用元:YouTube



投稿主さんからは説明も、字幕もないようですので、このワンちゃんに何があったのかは分かりません。寛いでいるのか、第3コメントの方がおっしゃるように疲れているのか、動こうという気配は感じられませんね。


(画像はYouTube:Rumble Viralより)

カメラが寄っていくと、何やらお口が一文字。微動だにしませんし、表情を読み取ることができません。お犬様のお気持ちが知りたければ、我々がお伺いするしかないようです。

お返事が返ってきても、われわれ人間には禅問答にしか感じられないでしょうけど。「壁に寄りかかっているブッダというところかな。禅、って感じ(笑)」とコメントした方、言い得て妙で共感します!


(画像はYouTube:Rumble Viralより)

話の通じない人間には嫌気が差してしまわれたのでしょうか、ワンちゃん、顔を背けてしまいました。

顔を動かす前に、足を下ろせば?と言いたくなりますが、跳ね上がった後ろ足もポージングの一部だとお気を悪くなさりそうなので、口をつぐみます。コメントの方々のおっしゃるように、お飲み物を差し上げるのが適切なはず。多分ですが。

以上、風格の漂うシーパドゥードルさんのご紹介でした。

モフモフさせてくれそうなフレンドリーなワンちゃんも可愛いですが、このような知性的な佇まいも良いですね。真のパートナーになってくれると、勝手に期待が膨らんでしまいます。ワンちゃんの方が立派過ぎて、人間が親友不合格にならないことを祈りましょう。

最新情報をチェックしよう!